民家泊の魅力

一つ屋根の下で地元の人々と寝食を共にし、温かなふれあいを持ち帰れる「民家泊」。
体験者からは「交流を通して普段なら知り得ない島の文化に触れられた」「地元の人たちの優しさを感じることができた」との声が寄せられています。

その土地の自然や文化を楽しむ観光はもちろん、そこからもうひと乗せして地元の人と笑顔を交し合える心通う日々。
民家に泊まる沖縄100kに参加して、沖縄にも「帰れる場所」をつくってみませんか?

詳しくはこちら

各地域の魅力

与那原町

沖縄100Kウルトラマラソンの発着点でもある与那古浜公園が位置する与那原町は、面積が5.18平方kmと、本島内で最も面積の小さい市町村ながら多くの特産品に恵まれています。

続きはこちら

南城市

2006年に1町3村が合併し、市域の形がハート型になった南城市。琉球王国最高の聖地とされる斎場御嶽(せーふぁーうたき)や、琉球の創世神アマミキヨが天から降り立ったとされる久高島など多くの歴史スポット・パワースポットがあり、観光客からも注目を集めています。

続きはこちら

八重瀬町

合併前の旧東風平町と旧具志頭村の間にまたがる八重瀬岳が町名の由来です。

続きはこちら

糸満市

糸満市は県内を代表する漁師町。旧暦5月4日に行われ、航海の安全や豊漁を祈願する爬竜船レース「糸満ハーレー」は毎年熱気を帯びる他、県内唯一の水産高校・沖縄水産高校も糸満市にあります。

続きはこちら